ヒゲ脱毛サロン

失敗しないためのヒゲ脱毛サロンの選び方

失敗しないためのヒゲ脱毛

これからの季節にかけて、
「やるなら今!」ということで最近ヒゲ脱毛をされる方が増えています。

 

ただしヒゲの脱毛は脱毛方法や目的により、施術方法が異なります。

 

ここでは一般的なヒゲの脱毛についての情報を公開しています。

 

ヒゲの永久脱毛は可能?

ヒゲ脱毛は永久脱毛可能か?という質問が多いのですが、
これは人によって
「また生えてきたら嫌だ」という人と、「もしずっと生えて来ないと嫌だ」
という意見に分かれるようです。

 

永久に生えてこないか?ということは
ヒゲ脱毛を行う上で気になるところのようですね。

 

ヒゲを脱毛する場合いくつかの脱毛方法があり、
レーザー脱毛、針脱毛、光脱毛といった脱毛法が主に現在脱毛サロンやクリニックなどの
現場では行われています。

 

この中で基本的には「永久脱毛」が認められているのは
針脱毛のみです。

 

ただし、これは永久脱毛という記載が認められているというだけで、
レーザー脱毛や光脱毛の場合はすぐ生えてくるということではありません、

 

医療上の規制であり、レーザー脱毛を行うクリニックによってはレーザーによる脱毛を
「不再生脱毛」と呼ぶ場合もあります。

 

人によっては全然生えて来ないという人から、数年でまた生えてくるといった場合があるようですが、
以前よりは薄くなっているというケースがほとんどです。

 

 

もし生えてこないことを望む場合は部分脱毛やデザイン脱毛などをすると良いかと思います。
また、クリニックによってはヒゲを間引きしヒゲを薄くしてくれる脱毛を行っている場所もあります。

 

針脱毛とは?

針脱毛とは、クリニック等で行われている電気針を使用した脱毛方法です。
脱毛機器の絶縁針を毛穴に挿入して電流を流すことで、直接毛の発生源
つまり毛根を破壊する脱毛方法です。

 

痛みがやや強く、
人によっては麻酔が必要とも言われています。

 

一本一本処置を行うので時間がかかるのですが、レーザー脱毛とは違い
色素沈着や日焼けしている場合でも可能です。

 

費用は一本一本行うためやや高めです。

 

レーザー脱毛とは?

黒い色や物質に反応するレーザーを使用して行う脱毛方法。

 

レーザーを照射することで毛にレーザー熱を与え、毛の発生源を破壊する脱毛方法です。
費用は針脱毛と比べると比較的安く、その都度の施術時間も短く済みます(10〜15分程度)

 

毛の濃い部分などは痛みが強くなる場合があります、
個人差があるのですが、最近では笑気ガスなどで、痛みを緩和する処置を行ってくれる
クリニックもあります。

 

レーザは濃い色に反応するので
日焼けや色素沈着のある人は脱毛できない場合もあります。

 

ただし、日焼けや色素沈着は個人差がありますので、
一度直接来院してから相談されるといいかと思います。

 

永久脱毛とは記載できないのですが、実際に行った人の例を見ると毛根自体を破壊しているため、
それほど生えて来ないという意見が多いようです。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ