ヒゲ脱毛で硬毛化するか?

ヒゲ脱毛で硬毛化するか?

ヒゲ脱毛で硬毛化する?

最近脱毛関連のサイトなどで硬毛化の心配がよく言われています。

 

硬毛化とは、脱毛することで一旦毛が抜け落ちるものの、その後太くて硬い毛が生えてくるという現象です。
なぜこんなことが起きるのか?ということですが、毛が脱毛により刺激され、その部分の再生能力が強化され、逆にもともと生えていた毛よりもさらに強い毛が生えてきてしまうからと考えられています。

 

そこでヒゲを脱毛した場合にこの硬毛化が起きるのか?ということですね?

 

基本的に男性のヒゲのように太くて硬い毛の場合はあまり硬毛化の心配はいりません。

 

硬毛化が心配されるのはうぶ毛のように細い毛の場合です。

 

細いうぶ毛が脱毛などの刺激により、通常の毛のように太くて硬い毛になってしまうのですが、男性のヒゲのように太い毛はもともと硬くて太いため、仮にまた生えてきてもわからない場合がほとんどです。

 

うぶ毛のようなヒゲを脱毛した場合は硬毛化の心配は必要ですが、本来男性の場合はすでに硬毛化してしまっていると言えるので、よほどの遺伝子異常でもない限り毛の太さなどはあまり変わらないのです。

 

また硬毛化がどうしても心配という場合は光脱毛やレーザー脱毛を避け、電気美容脱毛などを行う方がいいかと思います。
硬毛化は光脱毛やレーザー脱毛により起きる場合が多いとされています、これは通常どの脱毛も毛根を焼き切り、毛を生えなくしてしまう脱毛方法なのですが、
光やレーザー脱毛の場合はどうしても完全に脱毛しきれない部分が出てくるため、その部分が光脱毛やレーザー脱毛により活性化してしまい、硬毛化してしまうとされているからです。

 

一方電気美容脱毛(針脱毛)の場合は一本一本毛を脱毛していき、確実に毛根を破壊してしまうため硬毛化の心配はほとんどないとされています。

 

ヒゲの場合はそれほど心配ないのですが、もし心配な場合は美容電気脱毛を行っている脱毛サロンがオススメです。

 

各脱毛サロンの人気、脱毛方式についてはこちらをご参考に

ホーム RSS購読 サイトマップ