ヒゲ脱毛の脱毛後は?

ヒゲ脱毛の脱毛後はどうなる?

ヒゲの脱毛直後

 

ヒゲを脱毛した直後は光脱毛、レーザー脱毛でも針脱毛でも
赤く炎症する場合があります。

 

これは毛根の細胞を破壊するためで一時的なものですが、
多くの人が炎症を生じます。
人によっては白ニキビができる場合もあり、
これは皮膚かなどでケアしてもなる人はなってしまうようです。

 

また脱毛の治療後は一般的に「ドロボウ髭」と呼ばれる状態になることが
あります。

 

これは施術により毛が膨張してしまうことで濃くみえる現象です、
毛自体が膨張し、コシがなくなるため剃りにくく普段より濃く見えてしまう場合もあるのですが、
毛根を破壊してるため、数日ほどでポロポロ落ちてきます。

 

上記の理由からサロンやクリニックでの脱毛直後は肌あれを生じるため
デートなどの直前には脱毛は避けた方が良いでしょう。

 

また、レーザー照射後1週間ぐらいは直射日光は
なるべく避けた方が良いとも言われています。

 

脱毛してしばらくすると

レーザー脱毛などによる脱毛後は毛根そのものを破壊してしまうため、
数年してもヒゲがあまり生えてこないということが多いようです。

 

針脱毛は永久脱毛、レーザー脱毛は不再生脱毛などとも呼ばれていますが、
環境や体質によっては生えてくる人もいるようです、

 

ただし、多くの方が以前よりヒゲは少なくなっている傾向にあるようです。

 

もしずっと生えてこないことを気にする場合は、ヒゲを薄くする脱毛もあるので
そちらを相談されることをオススメします。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ